金毘羅山へ祈りと撮影旅 02

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「金毘羅山へ祈りと撮影旅」の第2回となります。さっそく、お話を始めましょう。

さて、金毘羅山に行くのですが、私とS氏は二人に行くのですが、
DSC00017.JPG
実は、私はS氏と会うため、一旦改札を出ることになりました。どうしてなのかというと、それは、私はどんな切符を使って、中に入っていたのかという点にあります。
DSC00018.JPG
実は、入場券で入っておりました。それだけでは、もちろんのことながら電車には乗れません。
DSC00021.JPG
そして、S氏とともに、再びホームに降り立ちました。実は、乗っていく列車は、↓
DSC00025.JPG
こちらではなく、
DSC00029.JPG
乗っていくのは、こちらです。尼崎駅行区間準急に乗っていきます。こちらに乗るのですが、尼崎駅に向かった後、そこから神戸方面に向かいます。実は、高松までは、このルート以外に、大阪難波駅から出発する高速バスです。こちらは、明石海峡大橋を経由して、高松駅まで向かうのですが、行き来での料金が余計にかかるため、こちらのルートを選択したのです。
DSC00030.JPG
そこから、尼崎駅より高速神戸駅行の特急で、神戸三宮駅に向かいます。編成は8000系の正式なトップナンバー8211編成です。どうしてなのかといいますと、阪神電鉄8000系というのは少し、変わった形で製造が開始されました。実は、トップナンバーは8201(阪神淡路大震災で被災後先頭車両は8202型が被災廃車となってしまい、8201型は8502型に改番後、8523編成として運用を続けている)が登場したのですが、そのマイナーチェンジ版として、8211編成が誕生します。そのため、8203,8205,8207,8209編成がいないことになります。そのため、8211編成が実質上のトップとなるわけです。

そこから、途中をカット…、夜なので、大した画像が撮れませんので、
DSC00031.JPG
この画像で、終わりではなく、
ということで、
DSC00034.JPG
ということで、次回は「近畿脱出」です。

<<<PREVIEW 01                                                                    NEXT 03>>>

この記事へのコメント