近鉄12400系ですが、クとサ系統を2種類に増やします。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムに12400系について、2本目は「鉄タビ」本編から「金毘羅山の祈りと撮影旅」のお話です。

最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムについてです。
スクリーンショット 2015-03-21 09.16.57.png
最終的には、2種類製作することになりました。どうしてなのかといいますと、改造前と、改造後の2種類を作ることで、時代背景に合わせた設定にさせることを検討しております。バリエーションが増えるのでいいことですが、その分、作業が増えるということも意味しております。そのため、1両で2種類を導入するよりも効率がいいという判断があったのも事実です。

ということで、これからク12500型の方のサニタリーシステム導入に移ります。報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント