近鉄アーバンライナーのサニタリーシステムの導入工事ですが(-_-;)。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムの導入についてです。2本目は「鉄タビ(臨時便)」から「晩夏の加太への旅」の記事となります。

最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から、近鉄特急のサニタリーシステムの導入についてです。
アーバンライナー(7列車折り返し).jpeg
実は、改めて近鉄「アーバンライナー」21000系のデーターを改めて確認したところ、とんでもない誤認がったことが分かってきました。
それは、座席定員が初期で多いことが明らかとなってきました。現在、定員調整を行っております。
また、喫煙コーナーのデザインも楕円形ではなく、四角に近い形であることも判明しており、定員調整を行いながら、改良を加えることになりました。

おそらく、現実と同じ座席位置になると思いますので、サニタリーシステムの導入工事と同時に公開する予定です。
再改良工事は、大掛かりとなっておりますが、現実に近づけるための処置なので、時間がかかりますのでご了承ください。

ということで、報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント