近鉄特急専用車両のサニタリーシステムの導入工事は、23000系に移行します。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムの導入について、2本目は「鉄タビ(臨時便)」から「晩夏の加太への旅」の第3回です。

最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムの導入についてです。
RailSim2k-RTN 2020-01-12 22-15-06.png
近鉄特急のサニタリーシステムの導入は、22000系と16400系の導入工事は完成したところです。テストも終わりまして、公開手続きに入ることになります。

そして、23000系のサニタリーシステムの導入工事を来週から開始します。ただ、こちらも定員調整などを行いまして、調整する予定です。
一方、
_res_blog-48-c7_aya6kode18ra_folder_920244_58_37419158_img_2.png
架空特急気動車265系は先頭車両の製作を再化することになる予定です。ということで、報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント