近鉄特急のサニタリーシステムの導入は、アーバンライナーネクストへ。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から、近鉄特急のサニタリーシステムの導入について、2本目は「鉄タビ(臨時便)」から、「晩夏の加太への旅」の第3回です。

さて、最初の記事は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムの導入についてです。
DSC00137.JPG

実は、昨夜の段階で「伊勢志摩ライナー」のトイレドアの作動テストを行いまして、何とか導入後も作動することが判明し、公開手続きを経て、公開にこぎつけました。以前のバージョンをお持ちのお方は、お手数をおかけしますが、上書きのダウンロードをよろしくお願いいたします。

DSC00120.JPG
そして、現在の工程は、21020系「アーバンライナーネクスト」の導入工事に移っております。こちらは、もともとのPIの数が少ないこともありまして、モ21220型と、モ21320型、モ21520型を中心に導入しますが、喫煙ルームのドアの開閉工事も同時に行うこととしておりますので、その点でいえば、改良は、すべての車両に及ぶことになりますので、時間がかかると考えられます。

まあ、そんなわけで、報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント