近鉄特急のサニタリーシステムの導入工事は、リニューアル編成へ!

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムの導入工事について、2本目は「鉄タビ(臨時便)」から「晩夏の加太への旅」の第8回です。

最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムの導入工事についてです。
DSC00013.JPG
近鉄特急のサニタリーシステムの導入工事は、リニューアル編成に移っております。
いずれも、喫煙ルームの改造は必須工事として行うことになりますし、その上、種類も多種多様になっているので、1週間以上の時間を要すのは確実です。そのことに関しては、随時お知らせいたします。

また、グリーン車両の製作で足踏みしている架空特急気動車265系の製作についてですが、こちらも、座席のリクライニングシートの製作に向けて、動くことになります。
_res_blog-48-c7_aya6kode18ra_folder_920244_32_37352532_img_1.png
こちらも徐々に製作をしていきます。ということで、報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント