近鉄特急専用車両のサニタリーシステムは、「あおぞら」に移行。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両(NKTF)」から近鉄特急専用車両のサニタリーシステムについて、2本目は「鉄タビ(臨時便)」から「壷阪寺への旅」をお届けします。

最初の記事は、「3:新近畿車両(NKTF)」から近鉄特急専用車両のサニタリーシステムについてです。
RailSim2k 2019-03-06 22-35-22.png
ついに、近鉄特急専用車両のサニタリーシステムですが、20100系の「あおぞら」の導入工事を行っているところです。
あとは、システム編に移るのみで、何とかなります。
2020-03-31.png
そして、架空特急気動車265系の製作ですが、こちらは、先頭車両がこの姿から…。
2020-04-05.png
ヘッドライトシステムを追加して、このような姿になりました。あとは、行先のLDCを装備する工事を行いますが、グリーン車両は、この形にシートだけを別パーツで組むことを予定しております。普通席は、車両にくっつける今まで方法で妥協するしかありませんでしたが、何とかなりそうです。

それと、アナウンス用の行き先案内表示システムは、
イメージ 6イメージ 3
このような形で、システムは組む予定ではありますが、

イメージ 4
室内につきましては、この形では組まないことも検討しております。

ということで、報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント