近鉄特急専用車両のサニタリーシステムは、「あおぞら」が完成し、架空車両18600系へ。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は、「3:新近畿車両(NKTF)」から近鉄特急専用車両のサニタリーシステムについて、2本目は「日常」からの記事です。

最初の記事は、「3:新近畿車両(NKTF)」から近鉄特急専用車両のサニタリーシステムについてですが、
RailSim2k 2019-03-06 22-35-22.png
ついに、20100系「あおぞら」の導入工事が完了しました。残すところ導入工事を行うことになるのは、18600系、「頑張ろう熊本」車両くらいとなってきました。そして、その車両たちを完成させたら…、いよいよ、あの車両にに挑もうと、考えていたのですが…。その前に、
「田原本線100周年記念セット」第2弾の製作が待っておりますので、そちらにシフトします。
DSC00135.JPG
で、続いては、架空特急気動車265系の製作ですが、第1ユニットのシステム編に移っているところです。ただ、変更するのは、このほかにも、乗務員扉を引戸式半自動型とすることも検討しています。
2020-04-05.png
ということで、報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント