近鉄鉄道祭り ’19 「GO GO 近鉄ライナーズ World Cup !!」10

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り’19」の第10回です。

DSC00186.JPG
さて、単機走行の車両をしている車両が奏功するシュールな一面を撮影していたのですが、
DSC00187.JPG
続いては、50000系「しまかぜ」が通過していきます。では、さっき単機で行ったのは、入れ替え車両のことでした。
DSC00139.JPG
実は、この画像の左に切れてしまう車両が、それでもともとは、名古屋線で使用されていた1600系と呼ばれる車両を改造の上で、除籍していたのですが、五位堂検修車庫の縁の下の力持ちとして頑張っております。
DSC00189.JPG
そして、次のシーンでは、3000系の車両が見えてきました。何かトラブルがあったのか、係員が手を使って様子を見ておりますね。
DSC00190.JPG
そして、ヤード部分ですが、なんとGSEなどもここで休んでいますね。それを見つつ、右隣のHOゲージに行きます。
DSC00192.JPG
DSC00193.JPG
さっそく、「火の鳥」ではなく「ひのとり」が…通過。鉄道模型雑誌の『とれいん』で、ご紹介されておりましたモデルです。
DSC00194.JPG
23000系などがたたずんでいました。
DSC00196.JPG
こちらは、30000系「ビスタカー」原型と、2200系や20000系「楽」、50000系「しまかぜ」などがいる状況です。
DSC00205.JPG
だいぶぶれましたが、23000系の走行シーンです。実は、かつて「正月旅」で乗車したことがありましたが、その時が懐かしいですね。
DSC00206.JPG
続いては、「楽」で須賀、一度も乗ったことがない車両ですので、いつか乗ってみたいのですが、乗車できそうにもありませんね(-_-;)。
DSC00208.JPG
続いては、「ひのとり」とともに、近鉄のスターたる存在50000系「しまかぜ」ですが、こちらもプレミアムチケット化されている時期もありましたが、今回の「COVID-19」の影響が心配ですね。
DSC00212.JPG
そして、最後に12410系のNゲージでの雄姿を見てから、外に出ることにしました。
DSC00214.JPG
バスの展示会場に向かいます。ということで、次回をお楽しみに。それでは。

<<<PREVIEW 09                           NEXT 11>>>

この記事へのコメント