朝熊をかけねば、方参り 10

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「伊勢初詣旅’20」の第10回です。

DSC00141.JPG
金剛證寺をお参りして、初詣の目的を果たした私でしたが、ここで思わぬ誤算に直面しました。実は、ふもとに降りるバスの時刻を完全に読み違えていたこと、これがすべての始まりでした。金剛證寺の参拝を終えたのが8時半だったことから、ちょうど1時間の時間があったことになります。要は、食事をとる時間があることが分かったのです。そこで、ここから歩いて5分ほどでつく展望台に行ってみました。
DSC00142.JPG
そこで、伊勢うどん風の食してから、山を下りるまでの時間を、外の景色を眺めているなど散策しておりました。
そのあと、9時30分発のバスで、五十鈴川駅に戻ると、そこから、特急券を購入して賢島駅に向かいます。
DSC00143.JPG
ここでの誤算は、コンセントがない車両に案内されたということです。
張本人はこちら…。
DSC00144.JPG
大阪難波駅午前8時15分発の賢島駅行特急(乙特急)で、12410系のほうに乗り込みました。
DSC00145.JPG
すぐに、朝熊山のふもとを抜けて、鳥羽市の鳥羽駅に向かいます。以前は、JR東海(実は昨年初乗車でした!)の列車でやってきたのですが、今回は、往復で近鉄にのっていきます。
DSC00146.JPG
そしてついたのは、鳥羽駅です。ここから、志摩線に乗り入れしまして、終点賢島駅に向かいます。
ということで、12410系12414編成で賢島駅に向かいます。ということで、次回は、賢島駅のサミットのお話についてお話をしていきます。それでは。

<<<PREVIEW 09                                                                        NEXT 11>>>

この記事へのコメント