生活に変化はあったのか?

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」の記事ですが、本日は趣向を変えて、

DSC00025.JPG
実は、昨日は三重県中部まで行ってきましたが、実は、感染者が急増している中で、四日市市、鈴鹿市、松阪市などに行ってみたのですが、感染者数が増えている中で、実体験ではあるのですが、実は、たまたま置き忘れかけていたスマホを拾ってくださった女性、偶然に戻ってみると、その女性は、平田町駅にてその女性と偶然、会話をしていたところ、その会話からは、外に出られないという状況下で、行きたいところに行けない状況であると、そういうことを話してくださいました。

確かに、巷では「Go Toキャンペーン」ということで、経済界は感染状況に関係ないと言ったことを述べる人もいますが、事実、感染状況は少しずつ悪くなってきております。特に、大阪府知事の吉村氏が「第2波である」と述べた時点で、旅行業界はこれを止める義務が発生しており、一斉に行うのは得策ではないと進言するべきだった。

現在も、この答はまだ出ないといえます。事実上、この答は10年後…、いいや、10年以上あとに出てくるかもしれません。

ということで、以上です。最後に一言。

本当に、世界はどこに向かうのかわからない!! しかし、わたくしたちは、その中で生きていかなければならないのは事実であることを!!





この記事へのコメント