本当の意味で、夜明けは来るのか?

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」の記事ですが、今回の記事は最悪の感染状況となっている現状をお話します。

実は、日本で感染者数が確認されてから10か月が過ぎたのですが、
DSC00062.JPG
実は、半年で変わったのは、観光に関しての状況が徐々に悪くなったということで、
DSC00036.JPG
今回の8月の旅でも、新型コロナウイルスの影響のお話をしたのですが、ここで感じたのは、やはり、観光業は苦労をされているといわれておりますが、今回の「Go To キャンペーン」が打開策となるのか、…といいたかったのですが。
しかし、特に増えてきているのは、東京、大阪以外に、沖縄が感染者数が増えてしまっているのが気になってきます。
DSC00025.JPG
主に、感染が拡大していたアメリカ合衆国から、沖縄県にやってくるアメリカ合衆国軍関係者が、検査を受けないまま、感染を広げているという可能性があります。実は、今回の感染者数の増加は、これ以外にも、観光業の復興を優先した沖縄県の施策が、裏目に出た格好です。
DSC00088.JPG
しかし、今回行った取り組みが、逆に感染者を拡大させてしまうことになるのは、本末転倒ということは…、やはり「Go To キャンペーン」は、やはり時期尚早だったのではないか、そう考えてしまいます。まあ、まだまだ、わかりません。

となれば、終息するのを待って、経済活動を再開させるのかということになると、実際に別の意味で、生活ができない人を増やすのみだと主張する方々もいるため、なかなか、結論が出ないということになるかもしれません。

ということで、次回の記事をお楽しみ。それでは。

この記事へのコメント