JR北海道架空通勤気動車237系は、方向幕変更システムをオミットします。すいません<(_ _)>。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両(NKTF)」から、JR北海道架空通勤気動車237系について、2本目は「鉄タビ(臨時便)」から「伊勢初詣旅’20」の記事となります。

最初の記事は「3:新近畿車両(NKTF)」から、JR北海道架空通勤気動車237系についてです。
2020-07-26.png
実は、JR北海道架空通勤気動車237系のシステムですが、JR北海道所属車両の行き先表示が、190個以上になっているという話をしておりましたが、その関連の会議で提案されたのが、今まで標準装備であった方向別の行先幕の自動変更システムをオミットするという提案でした。

理由は、今までのシステムでは、方向が変わるごとに、指定した行き先が変わるようになっておりますが、今回は、行き先が190個以上になるので、この機能をオミットする形をとります。

ということで、この後でその作業に着手します。報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント