相次ぐ自殺者…理由は違えども…。

本日の話題の2本目は「今の社会はどこへ向かう」から、「相次ぐ自殺者…理由は違えども…。」というタイトルで、話を進めていきます。

本日のことですが、女優の竹内結子さんが未明に自殺をされていたことが、明らかとなりました。
今年は、多くの芸能を行う人たちの自殺が相次いでおります。

実は、ドラマを放送するのかしないのかで、議論を呼んだ三浦春馬さんの自殺と同じと考える人もいますが、それぞれで、自殺の背景が大きく異なります。竹内結子さんの場合は、産後うつ病による可能性があるとの報道もあり、「コロナによる自殺」とは異なるという見方もあり、真相解明に関してはこれからということになるのも事実です。

『ハーバー・ビジネス・オンライン』の「8月の自殺者が前年比で急増。コロナ禍の中だからこそ知っておきたい『自殺のサイン』」の記事では、
実は、8月の自殺者数が去年に比べて増えていて、8月の自殺者数は1849人となり、前年同月比で246人増加している…そうなのです

要因は、何かといいますとコロナによって、今後の生活に不安を抱えたことと考えられるわけですが、なんと1日に約60人が自殺している計算になるというのです。

しかし、三浦春馬さんだけでなく、芦名星さんが亡くなったのも、「コロナによる自殺」という見方が有力とされており、「自殺する人には、自殺するサインがある」と専門家は、述べております。

精神科医・高橋祥友さんによると、自殺の危険因子は大きく分けて5つあり、

  1. 自殺未遂  自殺を図って命を救われたとしても、適切なケアがなかった場合10人に1人は自分を傷つけて、自殺にいたってしまう。自殺の危険を予測するうえで最も重要な因子だと高橋氏が提示している。死にいたらない軽度な自傷行為を行う人でも、「本気じゃないからだ」と軽視してはいけない。将来的に自殺をしてしまう可能性が高いということがわかっている。
  2. 精神疾患  自殺をする多くの人は心の病を抱えており、適切な治療をしていない場合が多い。心の病を抱えている場合は、必ず専門の病院へ行くことが、自殺予防に大きな効果がある。
  3. サポート不足  学校や家庭、職場などで、支えてくれる人がおらず孤独を感じていると自殺の危険が高まる。最近の芸能人の自殺のニュースを見ると、周りに弱さや悩みを打ち明けられないことによるものが大きいように感じる。
  4. 喪失体験  その人にとって大切なものを失う体験のことを指す。それは大切な人というだけでなく、自分の地位や、名誉、富、将来など、仮に他の人にとって些細なことだったとしても、その人にとって大切にしているものを失うことは自殺の危険因子だと考えられている。
  5. 事故傾性  事故に繋がる行動をする、命の危険がある状態に身をさらすなどの行為は自殺の代理行動だと考えられており、精神科での診察が必要である。飲酒・危険運転や、アルコールの暴飲、多額の借金、医師の指示を聞かないなどの行為がこれに該当する。
となっているそうです。

ちなみに、産後鬱で自殺されてしまった竹内結子さんの場合は「3.」が該当するということになってしまうという話だそうです。

おそらくですが、産後の鬱に関しては、理解してくれる人がいないと、急にふさぎ込んでしまうという部分があります。ちなみにわたくしの友人にも、似たような状況にある人もいるのですが、それでもサポートする人たちがいるので、なんとかできるということが、言えるのかもしれません。

それにしても、竹内結子さんのご冥福をお祈りいたします。ということで、今回の記事は、ここで終わりとなります。それでは。

この記事へのコメント