明石への旅道中 03

本日の話題の2本目は「鉄タビ(臨時便)」からの記事となりますが、「明石への旅道中」の第3回となります。

DSC00041.JPG
さて、神戸高速鉄道新開地駅に到着後、すぐに新開地駅の別の場所へと向かうことになります。実は、2年前に鈴蘭台駅に向かうときに利用した神戸電鉄線です。
DSC00042.JPG
神戸電鉄の三田駅行準急となっている5000系5013編成が出てきました。この車両は、三田駅まで向かいますが、今度は、有馬温泉に行くときに乗ってみたいですね。実は、鈴蘭台駅まで行ったときに、
イメージ 9
2000系2010編成を撮影したのですが、いつも、思うことは急行などの上位種別系統が運転されていないという、ローカルムードがあるという点です。確か、そのあと乗っていったのは、
イメージ 11
6000系6001編成の粟生駅行普通に乗り込み、鈴蘭台駅を目指しました。
DSC00043.JPG
ちなみに、今回は、明石への旅なので、ここから北側に行かず…。西側を目指します。つまり明石駅に向かいます。
DSC00045.JPG
ただ、数枚しかとらないのはもったいないのは、もったいないというしかないですが、今回は、30分ほどいまして、
DSC00046.JPG
続いてきたのは、5000系5002編成の三田駅行準急を撮影し、続いての目的地に向かうため、
DSC00044.JPG
新開地駅を後にします。ただ、ここから出発するのは、山陽電鉄普通列車で、行先は姫路駅行ということになります。
DSC00047.JPG
さて、戻ってくると阪急電鉄車両の新開地駅始発の阪急梅田特急がゆっくり入線します。1000系1000編成が充当しております。
DSC00048.JPG
さて、その次は、山陽電鉄姫路駅行直通特急が再登場、こちらは5000系ではなく、5030系で、第2編成で5632編成となり、その次の列車で東須磨駅まで向かいます。
DSC00050.JPG
やってきたのは、6000系の最新編成6013編成に乗り込むことになりました。
さて、この車両で東須磨駅まで向かうのですが、動画を見た通り、にぎやかです。
DSC00051.JPG
さて、揺られること10分で、目的地の一つ東須磨駅に、車庫があるのですが…そこから、例の編成を撮影しようと考えておりました。
DSC00056.JPG
実に、2年ぶりの東須磨駅ですが、2年たっても外見は変わっていません。ということで、次回記事は、さらに西へと向かいます。次回をお楽しみに、それでは。

<<<PREVIEW 02                            NEXT 04>>>

この記事へのコメント