真夏の鈴鹿線に乗り込んで…。11

本日の話題の2本目は「鉄タビ」本編から、「真夏の鈴鹿線に乗り込んで…。」の第11回となります。

DSC00171.JPG
さて、私は伊勢中川駅で帰宅する列車を待つ間、撮影をしていたのですが…、
DSC00173.JPG
伊勢中川駅は、名古屋と大阪方面の特急が、停車することで知られております。しかし、今回の話はそれではなく、この松阪市の中で、この場所が、ハブ機能を果たすこととなったのかについてです。そもそも、伊勢方面の街道筋は、古代から重要視されており、斎宮の話も、その一つですが、江戸時代になると、徳川幕府の支配下による幕藩体制では、紀州藩の直轄地となっていたわけです。
DSC00175.JPG
そのため、本居宣長を生んだことも事実です。それは、明治期以降も変化しないのですが、松阪市を抜けて伊勢神宮に向かうルートに鉄道を敷設するというのが、鉄道事業及び道路運送業などは、そのルートに松阪の街の中心部を通すことで、地域活性化を促したといえるわけです。
DSC00176.JPG
しかし、近鉄は前進となる大阪電気軌道グループ会社である参宮急行は、松阪駅ではなく、伊勢中川駅としたのか…、実は松阪の中心部を分岐点としてしまうと、名古屋側に行くのに不都合が生じてくるからです。実際に、参宮急行は桜井駅から短距離で運転できる高見峠を越え多気付近を通過して現在の伊勢市に至るルートを計画していたのですが、伊賀盆地を有する集落、都市を通過する現行ルートとなった宇陀、名張、青山峠越えルートが、利益が出るというわけです。
DSC00177.JPG
しかし、伊勢中川駅ができた理由は、伊勢を結ぶというのではなく、名阪を結ぶという大きな目標を背負っていたことから、松阪駅を分岐点駅として設定するわけにはいかず、伊勢中川駅に設定したわけです。そうすれば、名古屋駅に向かう距離が短くなることから、このルートを選んだわけです。
DSC00178.JPG
次のように、言うとすれば…、津に一番近く、伊勢にも近いルートを選択するとしたら、両方起点からバランスの良いところの点を見つけるとしたら、伊勢中川駅はベストポジションだったといえます。
DSC00180.JPG
なお、現在は、大阪方面に向かう列車と、名古屋方面に向かう列車のハブ機能として、近鉄の一翼を担う駅であり、この駅がなければ、近鉄の名古屋方面進出はなかったといわれております。
DSC00183.JPG
さて、名古屋方面と京都方面の列車ですが、
DSC00188.JPG
こちらは、30000系の京都駅行特急が到着し、
DSC00189.JPG
すぐ去っていくと、
DSC00190.JPG
DSC00192.JPG
次も…、30000系って、デジャヴですが、こちらは名古屋駅先発です。
DSC00195.JPG
DSC00196.JPG
続いては、名古屋駅行特急「しまかぜ」(甲特急扱い)が通過して、
DSC00201.JPG
そして、22000系大阪上本町駅行特急(乙特急)に乗車して、鶴橋駅に向かいます。伊勢中川駅からわずか2時間で、大阪に戻ってきました。
DSC00202.JPG
DSC00203.JPG
そして、大阪難波駅行特急「しまかぜ」(甲特急扱い)をとらえました。
DSC00204.JPG
そして、鶴橋駅から大阪難波駅へ向かうため、神戸三宮駅行快速急行に乗車し、
DSC00205.JPG
南海難波駅から南海難波駅から地元に戻ります。

いかがでしたでしょうか、今回は、真夏の鈴鹿線と四日市あすなろう鉄道の旅に行ってきましたが、やはり新型コロナウイルスの関連で、行動が制限されてしまった人たちの話を聞くことができたような気がする。そんな一日だったと思います。収まったら、今度は御所線とけいはんな線に乗ってみたいですね。まあ、こんな時代だからこそ、旅を楽しみたいから、好きなことをしたいから…。この新型コロナウイルス感染症の終息を願うわけです。今は、我慢の時です。絶えて笑う門には福来るということわざがあるように、笑える日を願いましょう。
ということで、次回は、動画回で最終となります。まだまだ、続きます。それでは。

<<<PREVIEW 10                        NEXT 12>>>                    

この記事へのコメント