近鉄で奈良と大阪を…。05

本日の話題の2本目は「鉄タビ」から、「近鉄で奈良と大阪を…。」の第5回です。

DSC00079.JPG
ついに待望の、「青の交響曲(シンフォニー)」に乗り込みます。この車両は、実は6200系の最終配備された車両で、6221編成ですが、これを改造した車両で、もともと車両としては680系以来となる通勤車両からの特急車両に仕立てた形となります。
DSC00081.JPG
今回ですが入るのは、初めてではなく…、2度目となります。ただ、乗車することはなく撮影することをしていました。今回は、初乗車となるわけです。さて、近鉄特急専用車両16200系は3両編成1本しかないので、これに乗車していくには、座席の予約が必要となってきます。
DSC00004.JPG
3年前に吉野駅に向かう旅を計画していたのですが、台風の直撃で流れた記憶がありますので、今回は初めてだったわけです。さて、DSC00083.JPG
今回は、「天空」氏とS氏がチケットを調達していて、その車両に乗車しました。ボックス席となる部分が確保されていたわけです。
DSC00085.JPG
さて、私が乗っている列車便は、午後2時始発の第3便です。ということは、午後3時半には吉野駅に到着するという形となっているわけです。
特急に乗っていくのですが、この16200系は、ビュッフェが搭載されているため、
イメージ 6
そして、大阪府内を疾走して奈良県内に入ります。
イメージ 2
ちなみに、これはRailsimで再現していたのですが(照明機器の表現が、この画像とは異なっております)、そこで座って、いろいろと話をしておりました。実際に、ポールスター氏の奥様であるきよ子氏、それと、「天空」氏、S氏を誘って、イメージ 7
買い物などを楽しんでいたわけですが、「しまかぜ」氏のことや、いろいろと話していきました。まあ、障碍者のことについて考えさせられた時間でした。
イメージ 8
列車に乗り込んで、1時間半で吉野駅に到着。
DSC00086.JPG
こちらが、その時の記念乗車証です。1時間の至福のひと時を満喫しました。
DSC00088.JPG
まさに、「オリエント急行」の座席という感じですね。そして、
DSC00089.JPG
吉野駅に到着、まだ観光客による移動がまだ緩和されていたため、このようなことができたわけですが、今は少し控えないといけない状態といえるかもしれません。
DSC00090.JPG
とは言ったものの、この後どうするのかですが、一気に大阪駅にとんぼ返りしていきます。吉野駅に到着後とんぼ返りって、目的はどうしたのやら…。次回の記事に移ります。それでは。

<<<PREVIEW 04                          NEXT 06>>>

この記事へのコメント