行ってみたものの…。

昨日の午前中に大阪の難波に行こう、と父が誘いをかけて、地元の駅から、難波行きの準急に乗車。
イメージ 1
約30分で、南海の難波駅に到着となったのです。
実は、去年の6月ごろに父方の祖父が亡くなり、今年で一周忌であることから、実家から出席をしてください、と電話があったものの、行くにも…という事情から、大阪名物「豚まん」(関西の方はご存じ「551蓬莱」さんの)を送るために、難波の「551蓬莱戎橋本店」に来たと言う事です。
そこで、用事を済ませて、昼食もとって…。そして、父があろうことか。
「甲子園に行きたい!」
と言いだしたのですが、
「前売り券がないといけないのでは?」
と逆に聞くので、さて、どうしようと言う事で、急きょ甲子園まで向かう事に、まず、大阪難波(近鉄)駅に行き、聞いてみたのですが…。
「売れ残りがあれば…。」
と言う事で、11時35分ごろの発、尼崎駅行き各駅停車に乗りこむことに、あいにく写真がないのでレイルシム2PIで編成(記憶で2両付属編成の3編成)を再現してみます。
イメージ 2
これで、尼崎に向かい。尼崎で後を追いかけてきた三宮行き快速急行に、これも1000系基本編成で…。
イメージ 3
これで、阪神甲子園球場に…となるはずが。
「今日の当日券は発行しません」
………。
やはり、と言うわけで、とんぼ返り、梅田行き直通特急に、
イメージ 4
クロスシート化された8000系に乗り込み、再び尼崎に、
イメージ 5
5500系を写真に収め、奈良行き快速急行で難波へ、9000系の神戸PRラッピング車両でした。
イメージ 6
↑(これはウィッキペディアの9000系より引用しました。)
そして、
イメージ 7
なんば着。
土産に、
イメージ 8
再び「551蓬莱戎橋本店」でゴマ団子とチャーシュー入り豚まんを購入して家路に。
それから、小説の連載原稿を書くといった程度で、旅は終わったのですが…。まあ、それ以上言うのはやめにしておきます。
 

この記事へのコメント