中国と日本と…

尖閣諸島問題で、荒れに荒れた日中関係に修復の兆しがあるのかと言うと、まだまだ、先の事だという。それは、姜ユ報道官が述べた言葉に、

「ASEM(アジア・ヨーロッパ主要国会議)で、温家宝首相と管首相が会談すると聞きましたが、我々には、そのような情報は入ってきていません」

と述べている部分がある。事実上、国家間の緊張状態はもはや、話し合いの余地もないほどに変わってしまった。これは、多くの人には理解しがたいものと言えるかもしれない。だが、これも、中華人民共和国の内部にある事情が見え隠れしていると専門家が述べていた。これは、政府に対する批判が見え隠れしている。

前の記事「対岸は、昔の日本か!」と言うところで、私は、昔の日本が直面した歴史事実と、現在の中華人民共和国の行動が似ているのではないかと主張していたのだが、それが日本にもうひとつの教訓を与えてくれたのではないかと考えてしまう。
それは、

「日本の政府は、外交に強くならないといけないのではないか」

と言う事そのものである。つまり、粛々と法律処置をとるのだったら、そのまま押し通すこともできたはずで、中華人民共和国政府は大きな反応を見せたとしても、アメリカ合衆国と協力して、中華人民共和国の違反をカードとして持ち出したほうが、中華人民共和国とっては、手も足も出なかった可能性がある。

実は、数年前からアメリカ合衆国では「China Free」がうたわれるほど、中華人民共和国製品が問題となっていた。日本でも冷凍餃子事件があったばかりと言われている。だからと言って、中華人民共和国の文化に文句をつけるのはお門違いであり、その人々の思想や教育方針に関しての問題でとらえるほうがよいと私は思う。
となれば、一体どうするのがよいか、今は、話し合いで解決することが求められるのではないだろうか。

この記事へのコメント