捜索

福島県の沿岸部のうち、いまだに手をつけられない地域で、被害調査を兼ねた捜索が入りました。その場所はどこかと言いますと、福島第1原子力発電所の周辺20キロメートルの範囲の地点です。市町村で当てはめると南相馬市、等の地域です。

そこに、昨日から福島県警の捜索隊が入って、捜索中だそうです。ただ、そこには、放射能と言う見えない壁が立ちはだかります。それが、この地方の運命はどうなるのか分かりません。

結局、どうなるのか全く分かりません。

それより昨日の地震も気になります。どうなるのでしょうか。

この記事へのコメント