東電は責任をとることが重要です。

本日の時事通信が伝えた事によると、「原発賠償、免責あり得る。」と東京電力が発表したという話題がありました。
今回はそれについて取り上げてみたいと思います。

しかし、東京電力のこの発表は枝野官房長官が免責はしないと発言したことに伴うものです。
所で、考えてしむと、そこで働いていた従業員の職が奪われると言う事を意味しております。そして、厳しい就職戦線、いいえ、行ってみれば転職戦線に立たされると言うわけです。

これを考えると、東京電力の処置は、国民からの理解を得られるのは当然なのですが、はたしてそれが、本当に東電の再生に繋がるのでしょうか…。

私にはそう考えてしまいます。

この記事へのコメント