クールビズ前倒しヘ…

ノーネクタイ姿で臨む国会議員、実は国会での一こまでクールビズを前倒しして、今月から始まったそうです。

今回の国会は、実は休日返上で行われているようなのです理由は、震災での予算をどう作るのかと言う事にすべてが向くはずです。そして、被災地はがれきの山であり、そこをどうするのか、どのようにビジョンを、未来を示し、築き上げていくのか…。それを話し合うためにです。

しかし、民主党内部では「管降ろし」があり、自民党も同調する構えと言うのです。孤立無援なのでしょうか。「管内閣が頭角するのはいつなのか…」、そう考えてしまうと、ある人の話からは、「現地の人から『管総理ではだめだ』と言う声が上がらなければ…、難しい。」との声があります。

今は、率先して節約していこうと言う事を、アピールする狙いもあるかもしれません。

ただ、どのようにして、この被災地域を活性化させていくのか…、それを考えなければ、私たちはそれを考える事に成りそうだと…考えてしまいますが。

この記事へのコメント