お待たせいたしました第11回 阪急電車撮影の旅 TAKE 1

本日のブログ記事につてですが、昨週の日曜日の撮影の旅を掲載する事にしました。小説については、少しずれて、掲載する事になりますのでご了承ください。
 
昨週の日曜日に、地元の駅を各駅停車準急を乗り継いできた私は、新今宮駅でJR大和路線の快速大和路快速)で大阪駅に到着しました。
早速、急ぎ足で梅田駅へ、急いだ理由が何と、履歴書の提出と言うものでした。実は、どこかの郵便局で履歴書を提出して後顧の憂いを断とうと考えたのですが、梅田駅の周辺で開いていた郵便局がなんと、西梅田の駅の近く、これでは、待ち合わせをしているAさんとKさんに後れをとると言う事で、駅のスタッフの方に、聞いてみると、その場所以外は空いていないと言う事になったので、梅田での提出を諦めて、新開地行きの特急で十三に向かいました。
その前に、購入したのこれです。↓
イメージ 1
ご存じ、有川さん作品の映画「阪急電車」(小説も同タイトル)の記念に発行された乗車券です。料金は1100円でした。これを使って、大慌てで乗った編成に驚きを隠せない私がいました。
その乗った編成が、奇しくも本日撮影する事になる阪急7000系7027編成、偶然過ぎるほどで、あの被写体になってくれた車両に、自ら乗り込んだと言うのも何かの縁だったのかもしれません。
さて、そこから十三到着。お二方を待ちました。
そのお二方が合流したのは、それから10分後、そして、もう一人が、2人が京都線河原町行きの特急に乗りこんでいたことから、すぐにその列車の飛び乗りました。
午前9時10分梅田駅を出た阪急9300系9305編成の列車で、桂駅に向かい。
イメージ 2
そこから、桂駅の1番線とC番線のあるホームに…。そこにつくと、『大将』と呼ばれる方等が集団を作っておりました。
イメージ 13
何か、ある組織になぞらえてしまえば、『水滸伝』に近い様な感じがしてなりませんでした。
まあ、その中で撮影を開始したのですが、郵便局の事が気になって、急遽Aさんに調べてもらった場所に行く事にしました。
その間まで、撮った画像がこちらです。
イメージ 8
これは、桂―嵐山間を走る普通ですが、この日は休日のダイヤになっているので、阪急8300系が走っているようなのです。これで8両編成なので、4両編成の阪急6300系が左上にいるのですが、これは試験のために来たみたいです。
イメージ 9
その2点目、同じ編成です。
イメージ 10
これは河原町行き準急ですが、地下鉄乗り入れ用の阪急3300系になっております。特急準急が入れ替わり立ち替わり入ってくると言うのです。
イメージ 11
これは試験中です。おそらく、ブレーキ関係ではないかと…。
イメージ 12
折り返し列車です。編成は4,5枚目とは1番の番号違いです。
イメージ 14
これも、河原町行きの準急、LED採用車両です。
イメージ 15
大阪方面の先頭車両。
イメージ 3
先ほど左上に会った車両です。続きましては、連続で。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
その間、どこの郵便局が開いているのかを調べてくれたAさんからの情報で、京都市中京区烏丸御池東入ルの中京郵便局に直行する事になりました。

この記事へのコメント