仮設住宅に入る事が出来ない…

東日本大震災の被災地での問題についてですが、今回は死者の話でもなければ、新たな被害についての話ではありません。
 
本日取り上げるのは、仮設住宅に関しての問題です。
 
仮設住宅の建設で、多くの建設業者が東北に応援に出向いていると言われておりますが、仮設住宅建設に関する用地確保が難しく、「お盆までに被災者全員を入居させる」と言う事が出来ないと言う事が分かってまいりました。
 
と言う事は、避難所暮らしの方々の負担は増すばかりだと言うのが結論なのです。これでは、地域の共同体組織がどんどん壊れてしまうかもしれないと心配するばかりです。
国交省が、どれだけ早く頑張っても「お盆には間にあわない。」となれば、空き家を探して、そこに居住させるのが賢い選択だと言う方もいるかもしれません。ただ、どれだけ効果があるのかわからない中では、その問題も、難しいと判断する方々も多いと思います。
 
難しいですね。

この記事へのコメント