計画案

今回の阪急阪神線の計画がまとまってきました。
その点については3点にまとめてお話します。
 
1点目は、大阪と神戸間を2方面から開発します。
1方向は、阪急梅田→(第1段階)→十三→(第2段階)→西宮北口→(第3段階)→岡本→(第4段階)→三宮
もう1方向は、阪神梅田→(第5段階)→尼崎→(第6段階)→西宮→(第7段階)→魚崎→(第8段階)→三宮
となっております。
 
2点目は、阪急と阪神は別々に作ると言う事です。
一つには、阪急と阪神の成り立ちが異なることが挙げられます。それゆえ、建設するのは別々となります。
 
3点目は、基本的には、両路線とも高速神戸駅で合流すると言う点です。
これは、実際1968年に開通した神戸高速鉄道に基づきます。
 
この3点を順守する予定です。
なお、この計画によりまして、小説などの更新が止まることも考えられますので、その点をよろしくお願い申し上げます。

この記事へのコメント