唐突な引退宣言と、メディアへの影響

本日の話題は、一昨日から巷で話題となっております。島田伸介さんの引退報道です。
 
この引退報道は、暴力団がらみと言われているようです。
ただ、この話は、昨年から今年にかけて、大騒動となった親方を含む野球とばく問題もそのもとで糸を引いていたのが暴力団だったという構図が浮かび上がり、現在、暴力団を排除しようとする動きは加速しているのが実情です。
そこに来ての、芸能界にもこの動きが広がれば、多くの暴力団にとって打撃になる可能性は否定できないと言えます。
 
ただ、はたして、それが現実問題として断ち切ることができるのかどうか…、疑問視する声も出てきております。これは、相撲でも暴力団の影を払しょくできていないという問題がまだ残っている事実がそれを物語ります。
やはり、地方興行においては、その地域を収める暴力団の力を借りる必要があったと言われるのが、本当のところです。つまり、暴力団の力が一部及ぶと言うことにもつながると言うのです。
 
では、これらのメディアの影響とは何かと言いますと、今回の島田伸介さんの引退は、テレビ界を牽引してきた柱を失う事に他ならない、と言う意味を持ちます。
 
彼の主演している番組は、ゴールデンタイムに放映されるものが多く、他の時間帯でも視聴率の高さは知られております。だからこそ、今回の騒動で、放送休止等の処置を行っているところも多いようです。
本当に、この問題の解決への糸口は見えてくるのか、その疑問は、今も払しょくされておりません。

この記事へのコメント