ついにサンマの季節かな

本日の話題は、季節ものからです。本日、塩焼きにしたサンマを夕食に出されて、食したわけですが…。
 
いつも秋に食うサンマは、脂が乗っておいしいと言われております。特に、落語では、高級サンマより、江戸の下町で食べるサンマがおいしいと言う落ちを作った、落語「目黒のさんま」に代表される秋の味覚です。
 
所で、今年はそのサンマについて気になる事があります。水揚げ量で日本一を誇る宮城県石巻市でさんまの初水揚げとなったのですが、3月11日の東日本大震災の影響で、多くの施設が倒壊し、水揚げに間に合わせるための施設の整備に時間がかかっていたようなのです。また、出荷するにも、出荷に必要な資材は1か所に残っているのですが、それを水揚げ量が上回ると言ったこともあり、少し心配な面もあります。
 
それにしても、これからの季節は、サンマが100円を切ってしまう事が多くなるこの季節です。サンマを食べて、東北を応援したいものですね。

この記事へのコメント