鉄道模型を走らせる

本日の話題は、昨週にお伝えしていました鉄道模型を走らせてみようと言う事で、鶴橋に行ってみた時の話を、お伝えします。
 
9月4日に、阪神5001F氏の誘いで、鶴橋で午前11時に待ち合わせするために、難波行きの準急に乗車して、三国ケ丘駅を目指し、三国ケ丘駅で乗り換えて天王寺行きの列車に乗り込みました。
ただ、京橋行きの紀州路快速が、ちょうど出た後になってしまったので、約15分待ち、関空・紀州路快速に乗車して天王寺へと向かいます。
イメージ 1
その前に、撮影したのが、これです。天王寺行きの各駅停車です。これは205系でこれをやり過ごし、
イメージ 2
これに乗って、天王寺に約10分で到着。
天王寺で10時56分に出る大阪環状線内回りに乗ったのが正解でしたが、一人の乗客が発車前に、ドアを強引にこじ開けて、駆け込み乗車…。そして、「いたいなぁー」と一言つぶやいたのが印象的でしたが、良い子の皆さんこんなことは絶対止めましょうと言いたいものです。
 
そして、到着後に待ってくれていたのか、阪神5001F氏が待っていてくださいました。そして、もう一人、関西快速氏を待ちますが、外回りが、降雨の影響で遅れに遅れて、30分待つ事に、その間に『カレチ』と言う漫画を読んだりして待ちました。
そして、関西快速氏が合流してから、どこに行こうかと言うと、何と大阪上本町に行き、大阪上本町から生玉さんへと向かったのですが、生玉さんの位置を、主催者の阪神5001F氏が度忘れしてしまい。
私が、案内する羽目になってしまいました。そして、生玉神社である方を紹介してくださいました。何と落語家の方で、桂一門の方でした。そう言えば、最近ニュースでは、桂三枝さんが桂文枝を明年に襲名すると言う話題がありました。と言いましても、今から2か月前のニュースでしたが、そのお方は、鉄道好きだったそうです。
しかし、雨が強まって、結局上本町で昼食を取ると、寺田町に向かい。目的の場所に向かいました。
イメージ 3
その前に、天王寺駅で、鳳行きの各駅停車を撮影。その直後に、一人の男性に声をかけられたのですが、何と同じ205系の車両が、下にもいると話してくださいました。
そして、寺田町に着き、カフェまで歩くと、看板が…。
イメージ 4
そして、その前には…。
イメージ 5
このヘッドマークが。さらに、隣には南海のCIが…と言った店の玄関に入りました。
実は、私が用意していた車両が、こちら。
イメージ 6
特急「北斗」号専用183系気動車で2550番台と名乗っている車両です。ただ、連結器をTNカプラーを、装備した者を用意しました。
実は、このベース車両を持っていたのが、関西快速氏の183系気動車550番台を持ってきてくださったので、連結できるのではないかと、阪神5001F氏が主張しましたが、連結器の不備で、連結不可能に成ってしまいました。
次の機会は、TNカプラーを購入して、連結できるようにしてみたいと思います。
イメージ 7
こちらが、550番台です。これらを走らせておりました。その間1時間。料金は600円となっていたようです。やはり、運営をするのは至難の業と言えるかもしれません。
さて、その次は、尼崎のホビスタに向かい。たんば4号氏、阪急電車3058F氏、さるみち氏、F氏、ドナルド快速氏、網干氏と合流、そのあとで、3空港巡りに関しての打ち合わせをしたのですが…、何とその2日後、つまり、昨日に急遽無期限延期が通知されて、応答待ちとなってしまいました。
 
そのあと、1時間ほど運転を行っておりました。そして、5時半に早めに帰宅しましたが、その間に、台風の影響が他の路線にも波及しており、大阪難波駅ではこの状況でどうするか等の対応が見られたのが印象的でした。詳しくは、http://aomorinihonkai3gou.seesaa.net/article/a26382762.htmlを参照ください。
 
阪神5001F氏、関西快速氏、たんば4号氏、阪急3058F氏、さるみち氏、F氏、ドナルド快速氏、網干氏、昨週はありがとうございました。それと、お疲れさまでした。
 
それでは以上です。

この記事へのコメント