どうもちぐはぐな、認識。

本日の話題は、再び緊急特集TPP問題についてです。
 
野田首相がエイペックから帰国して、最初の国会審議が、本日から始まりました。
ただ、対応と言うよりは、閣僚間での認識が微妙に異なると言う事が明らかになってきました。
 
鹿野農林水産大臣は、
「TPPについては、交渉参加の前の段階であり、交渉自体には参加していない。」
と答弁されたそうです。
これに対して、野田首相は、
「TPP交渉関係国と協議すると言っている以上、交渉には参加していると認識している。」
と答弁をされたのだとか…。
 
少し、認識が異なっているように見えてしまいます。なぜこういう事になっているのか、実際に、与野党入り乱れた今回の国会論戦の中で、情報の少なさと、日米での意識の食い違い、つまり、「すべての物品とサービスを(TPP)交渉のテーブルにのせると説明した」と言った点などがあり、認識が異なったと言った事になると考えられます。
 
ただ、交渉参加する政府が、1枚岩ではない問う事は言えるかもしれませんが、ここまで来たら、日本が交渉に参加していいのか、私には、全く分かりません。
本当にこれでいいのでしょうか…。
 
そう考えてしまいます。以上です。

この記事へのコメント