これから、どうなる日本!

本日の話題も、緊急特集で、「TPP交渉問題」についてです。
 
やはり、国会論戦では、やはり、「TPP参加でどうなるのか」と言った議論になっているそうです。本当に、反対派は納得したのか、見切り発車だったのかもしれないと言う事です。
 
反対派は、「TPP参加は拙速だったのではないですか?」と問いを投げかけております。本当に生活がかかっている中で、拙速な判断をしているのではないかと、それに対して、野田首相は、
「今こそ、アジア太平洋圏に打って出るときであり、拙速ではありません。」
と述べたそうです。また、「例外項目を設定するのかどうか、アメリカ側は、『例外は出さない』と、コメントしております。これはどういう事でしょうか。」といった質問が飛びこみ、これに野田首相は、
「今のところ、交渉の大枠と言うものがまだ出来上がっていないので、何もわからないの現実です。それについては、コメントもできません。」
と答弁をしたそうです。
 
これでは、どうしようもないと言いたいのでしょうか…、しかし、それでは説明が尽くせたのかと言う事にはならないと、考える人も多いかもしれません。
となれば、どうするのか、野田首相の器量と政治判断が試される国会となると私は考えてしまいます。
 
以上です。

この記事へのコメント