ただ今、時刻表制作に悪戦苦闘

昨日も兼ねて、本日更新します。
本日の話題は、「国際旅客寝台株式会社」からです。
 
今回は時刻表の問題ですが、現在制作しています。長くかかってしまうのには、2つほどあり、1つは、対象範囲を東アジアまで広げてしまったこと、あと1つは、多くの列車を採用した事があります。
 
後者は、東京から山陽・山陰・九州間で11往復(鹿児島中央{1}、南宮崎{1}、熊本{1}、長崎・佐世保{1}、博多/小倉{2}、下関{1}、浜田・出雲市{2}、高松{2})、東京から東北・北海道方面に8往復(札幌{3}、青森{2}、常磐経由青森{1}、秋田{1}、羽越経由青森{1})、新大阪からは7往復(長崎・佐世保{2}、鹿児島中央方面{2}、宮崎方面{2})、大阪から日本海縦断線は3往復(青森{2}、新潟{1})で、中国地方・九州各線は6往復、北海道方面は4往復となっております。
 
さて、先の事については、東京から西アジアの果てのイスタンブールまで範囲に入れており、東京駅を午後7時40分に出ると長崎、上海、西安、烏魯木斉(ウルムチ)、アルマトイ、タシケント、アシガマバード、テヘラン等を経て、イスタンブールハイダルパシャ駅には2週間後の午後につくと言う設定をしております。
 
この他にも、東京からモスクワ等に走る列車を考えております。
以上です。

この記事へのコメント