さらに…。

本日の話題は、「∟都市開発部阪急阪神プロジェクト」からです。

これから、神戸方面の路線の最終工程に入ります。阪急では、六甲駅から、三宮駅を経て新開地駅までの建設工事を始めるとともに、阪神は阪神御影から元町を越えて高速神戸までの工事を開始します。

さて、タイトルの「さらに…。」は、阪神難波線の開通を目指して、建設場所の調査が行われております。その結果で、余裕があると上層部は判断しており、竣工する予定となりそうです。

それと、「新近鉄」本社では、奈良線の開業を目指しての工事が再開される可能性が出てきました。
長い沈黙を破るこの工事がどう転ぶのかは、まだ判りません。

と言う事で、本線にもようやく光がさしたという事を報告の終わりとします。

以上です。

この記事へのコメント