新たな計画

本日の話題は、「∟都市系開発部阪急阪神プロジェクト」から、二つの計画が始動したという話をしたいと思います。

計画の一つは、阪神の路線、阪神難波線の建設計画。もう一つは、阪急の伊丹線の建設計画です。

阪神の難波線は、尼崎―西九条間の「西大阪線」と「難波線」に分ける事になりました。

その理由は、2つあります。まず、ひとつは建設年代異なるために、その違いを明確に出すことが必要だという点、二つは、高速化を推し進める為に、待避線の駅を制作する用地を確保する事にあります。

阪急の伊丹線は、塚口―伊丹間をできるだけ忠実に再現します。

それに、もうひとつ、阪神では、乗り入れ先の新近鉄奈良線の建設工事を再開いたします。

富雄駅から終点奈良駅までの区間の工事を、阪神難波線の工事を終えた段階で再開します。

以上です。

この記事へのコメント