ついに、新開地が完成!

本日の話題は、「∟都市開発部阪急阪神プロジェクト」から、

ついに、阪急阪神プロジェクトの最終段階に入ってきました。

それは、結論から言いますと、新開地駅まで路線が到達し、後は接続の作業だけが残っているという状況だと言う事です。

それから、プロジェクトの受け取り側から、西宮車庫などの工事の要請も来ています。

阪神では、石屋川(新阪神御影)車庫が完成しており、計画も進んでおります。

さて、その新開地駅などの画像が入ってきましたので、お伝えしようと思います。

イメージ 1
これが、高速神戸駅です。ちなみに、内側のオーバークロスしている線路は、高速神戸どまりの列車が入ったときのみにしか使いません。
通常ダイヤでは、山陽電鉄の普通が使用している引き上げ線が見えます。
続きまして、右側の引き上げ線は、山陽ではなく阪神の高速神戸行き普通が入れ替えを行えるように使うための路線です。

図で書き上げますと、
引き上げ線―――\――1番線ホーム――――阪急梅田方面
―――――――/―\―2番線ホーム――――阪神梅田方面
―――――――\―/―3番線ホーム――――阪急梅田から
引き上げ線―――/――4番線ホーム――――阪神梅田から

となっております。

続いては、新開地駅です。
イメージ 2
こちらが、その新開地駅です。

ここも、実は改良が必要なのですが…。
その理由は、新開地駅の梅田側の線路を改良する予定です。

以上です。

この記事へのコメント