レポ:南海「和歌山大学前駅」開業(5)

本日の話題は、「鉄タビ」から、南海「和歌山大学前駅」開業レポートの5回目です。

さて、式典も無事終了し、再びホームに向かいました。
イメージ 1
と言う事で、難波側で、列車撮影を開始。時刻は、午前11時を回った段階です。
その間に、吉見ノ里から南海「和歌山大学前駅」開業式典に参加した男性の方と、一言二言、話をして、それ以外に、なんと松山ケンイチさんにのお方にお会いしたりと、まるでここは、世界が変わったようなそんな気分になってしまいました。
イメージ 2
まず、11時5分の難波行き普通です。実は、そのあとで、何があったのか関西路快速さんたちが、撮影したのですが、それについては、他の人が撮影しているブログを拝見してみてください(ただし、私を含めた8名のメンバーは、その車両を撮影していません【便宜上】。{お勧め1:南海人様のhttp://blogs.yahoo.co.jp/t_y_0128/35880034.html・お勧め2:急和港様のhttp://blogs.yahoo.co.jp/nankai7025f/4044803.html参照ください。)
さて、その謎の列車が去った後、11時6分に通過する和歌山市行き特急サザン13号を撮影。
イメージ 3
その合間に、駅のナンバリングの話題が上ってきたのですが、その話を確認していなかった私は、本日、確認をしてきました。
イメージ 4
実は、この南海「和歌山大学前駅」開業から、このナンバリングが適用されていたようで、泉北線でも、普通に見る事が出来るようになったようです。
サザンを撮影してから、和歌山市駅行き普通で和歌山市駅へ、飛び乗った列車は、午前11時20分ごろに出発する1000系の1004編成でした。
イメージ 5
さて、和歌山市駅には、11時27分に到着。この列車の隣には、
イメージ 6
先程、和歌山大学前駅を通過したはずのサザンがいました。この後、11時30分発の難波行き特急サザン24号となっていたようです。

さて、此処からは、レポートの番外編に入ります。和歌山駅でラーメンを食った後…とその前に、銀行に行き、和歌山市駅に戻ってから、ラーメンを食べに和歌山駅に向かいます。その間の撮影がありませんので、そのあとの話を次回から始めます。お楽しみに。

以上です。