再稼働は一体だれが?

本日の話題は、今回より初登場となりました「復興へ」です。
今回は、今朝の朝日新聞朝刊に乗っていた記事を取り上げます。

題名は、「再稼働は一体だれが?」と言うタイトルとしました。今回の再稼働には、一体どういう形でここに来たのかそれについて、2側面で探ってみようと思います。

1点目は、再稼働を始めようとした意図は何か…。2点目は、再稼働を強要したのはだれか…。

1点目から始めようと思いますが、この再稼働の意図した理由は何か、結論は「電力をいち早く供給してもらいたい。」と言うのです。
実は、今回再稼働を要請されているのは、福井県敦賀にある大飯原子力発電所です。実は、この場所は、京阪神圏から近いと言う事があり、発電所を作ると言うには好条件です。ただ、原子力となると別の話となります。実際事故が起きた場合は、周辺に放射能が広範囲に拡散する可能性があり、そこを周辺自治体である滋賀、京都、大阪では、この話に待ったをかけており、とくに関西電力の筆頭株主の大阪市の橋本市長は、

「この様な、甘い考えで再稼働を許可すると言う事自体間違っている!」

と批判している通り、福島第1原子力発電所の事故調査が、十分行われていない中で、再稼働は少し無茶だと言う意見です。

しかし、この再稼働を切望しているのは、産業界側にありました。ここで、2点目の結論となるのですが、この結論は「産業界が仕掛けた…と言うより、要求をした事」であったと言う部分です。

しかし、それを行う理由が何か、そこには経済の目で考えていくと、答えが見えてきます。
実際、自営業を除く大企業、中小企業に欠かせないのが、「電力の安定供給」そのものです。つまり、彼らにとっては、電気を使える権利を与えられ、それをもとに、良い製品を生産すると言った構造の根幹が揺らぐと言う事につながると判断したのかもしれません。

しかし、この原発問題も長くは続かない事となるでしょう…。なぜなら、現在、原子力発電に代わる新たなエネルギーの模索が始まっております。それに、自然を使う事も忘れてはならないと思います。それこそが、この国を再生させる一歩かと存じます。

以上です。