大改良

本日の話題は、「∟都市開発部(南海都市開発)」から、和歌山市の改良再開発工事について、お伝えします。
改良工事を行った理由は、本線と紀ノ川線の運行をスムーズにするためです。

実は、以前に完成させた和歌山市駅の路線配置構造を見直し、和歌山市始発の列車と発着方向を同じにするため、
イメージ 1
↑の形になっていたのを、
イメージ 2
この様に改造しました。

列車のシステムは基本的に本線が、第2ホームを使用し、車庫に入るか、直接渡線を使用して難波方面に出るのか(ここでは、設置しておりませんでしたが、直接難波方面に出るように渡線を設置)の運用ができるようになり、和歌山市駅止まりとなる紀ノ川線は、和歌山市車庫に入庫してから折り返すという選択肢が出来上がった為、乗り換えがスムーズに行われるように改良しております。

ちなみに、車庫線をもう一つ組み合わせる事もしようと考えております。

現在のところはこの様になっております。

以上です。