中国と日本の関係に迫るたび(1)

本日の話題は、「鉄タビ」より、今回の明石海峡の近くにあります移情閣と呼ばれる建物と、日本との関係に関しての旅を掲載いたします。
今回は1回目ですが、プロローグです。

本日、午前8時に光明池駅を出る、南海難波行きの準急に乗り込んだ私は、
イメージ 1
午前8時33分に南海難波駅に到着し、さっそく第1ランナーを撮影。
イメージ 2
この後で、そのまま近鉄の大阪難波駅に…。

そして、午前8時50分にSさんを見つけ、合流したのですが、Aさんが集合場所に午前9時10分に到着し、3人そろったところで、午前9時15分始発の阪神三宮行き快速急行(桜川より快速急行)に乗り込みました。

編成は近鉄5820系の5822編成、それに9020系が2本併結された堂々の10両編成です。
イメージ 3
これで、三宮駅にひとっ飛びです。
途中に、西九条駅まで各駅に停車し、そのあとは尼崎、武庫川、甲子園、今津、西宮、芦屋、魚崎駅と停車し、そのあとで、少し待ち時間ができ、10時12分発の直通A特急に乗り込む事となりました。

さて、本日はここまで、次回は、本編の話に入ります。

以上です。