時刻表の作成が急ピッチで…。

本日の話題は、「子会社:国際旅客寝台株式会社」から、時刻表に関しての続報をお届します。もう何回目になるのか、管理者ですら数え切れないほど会議が続いておりまして、その会議から、現在計画されております事をお話します。

今回は、2点ほどお話しします。1点目は、制作状況です。2点目は、この後の話についてです。

現在の制作状況は、北陸地方の連絡時刻を作成していると同時に、アイコンの設置作業を行っていると言うところです。
実は、それに関してですが、国際寝台特急の連絡時刻表(国内線)は記述しないと言う案が提案されており、会議では、

「実際に、時刻表を作ったとしても、旅行者が興味を示さなければ、意味がないのではないのか?」
等の意見が続出しております。

これにより、多くの議論がなされておりますが、いまだに解決方法がないのが実情です。また、継続するという選択をしており、まだ議論が尽くされておりません。

そういう事で、連絡時刻表はどうなるのか、まだ分からない状況です。

以上です。