E36系の欠点が判明

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、2点話題をお届けします。
1点目は、スイッチに関しての話、2点目はイギリス車両の改良の話をしたいと思います。

では、1点目から話を始めます。
ここを訪れております方には、少し厄介な問題としてとらえてください。実は、今の時点で、スイッチは78個に上っております。

Entry = "0/あさかぜ1号博多行き";
Entry = "1/あさかぜ4号東京行き";
Entry = "2/あさかぜ3号小倉行き";
Entry = "3/あさかぜ2号東京行き";
Entry = "4/明星号鹿児島中央行き(鹿児島編成)";
Entry = "5/明星号鹿児島中央行き(熊本編成)";
Entry = "6/明星号東京行き(熊本付属編成)";
Entry = "7/明星号東京行き(鹿児島編成)";
Entry = "8/富士号南宮崎行き(南宮崎編成)";
Entry = "9/富士号南宮崎行き(日南延長)";
Entry = "10/富士号南宮崎行き(大分編成)";
Entry = "11/富士号東京行き(大分編成)";
Entry = "12/富士号東京行き(日南延長)";
Entry = "13/富士号東京行き(南宮崎編成)";
Entry = "14/平和号長崎・佐世保行き(長崎編成)";
Entry = "15/平和号長崎・佐世保行き(佐世保編成)";
Entry = "16/平和号東京行き(佐世保編成)";
Entry = "17/平和号東京行き(長崎編成)";
Entry = "18/金星号熊本行き";
Entry = "19/金星号東京行き";
Entry = "20/あき号下関行き";
Entry = "21/あき号東京行き";
Entry = "22/出雲1号出雲市方面行";
Entry = "23/出雲4号東京行き";
Entry = "24/出雲3号出雲市行き";
Entry = "25/出雲2号東京行き";
Entry = "26/瀬戸号高松行き";
Entry = "27/瀬戸号東京行き";
Entry = "28/あかつき1号長崎・佐世保行き(長崎編成)";
Entry = "29/あかつき1号長崎・佐世保行き(佐世保編成)";
Entry = "30/あかつき6号新大阪行き(佐世保編成)";
Entry = "31/あかつき6号新大阪行き(長崎編成)";
Entry = "32/あかつき3・なは3号長崎・熊本行き(長崎編成)";
Entry = "33/あかつき3・なは3号長崎・熊本行き(熊本編成)";
Entry = "34/あかつき4号新大阪行き(長崎編成)";
Entry = "35/なは2号新大阪行き(熊本編成)";
Entry = "36/あかつき5・彗星3号長崎・熊本行き(佐世保編成)";
Entry = "37/あかつき5・彗星3号長崎・熊本行き(大分編成)";
Entry = "38/あかつき2号新大阪行き(長崎編成)";
Entry = "39/彗星2号新大阪行き(大分編成)";
Entry = "40/なは1号鹿児島中央行き(鹿児島編成)";
Entry = "41/なは1号鹿児島中央行き(熊本編成)";
Entry = "42/なは4号新大阪行き(熊本編成)";
Entry = "43/なは4号新大阪行き(鹿児島編成)";
Entry = "44/彗星1号南宮崎/日南行き(南宮崎編成)";
Entry = "45/彗星1号南宮崎/日南行き(日南延長)";
Entry = "46/彗星1号南宮崎/日南行き(大分編成)";
Entry = "47/彗星4号新大阪行き(大分編成)";
Entry = "48/彗星4号新大阪行き(日南延長)";
Entry = "49/彗星4号新大阪行き(南宮崎編成)";
Entry = "50/紀伊号和歌山行き";
Entry = "51/紀伊号東京行き";
Entry = "52/日本海1号青森行き";
Entry = "53/日本海4号大阪方面行き";
Entry = "54/日本海3号青森行き";
Entry = "55/日本海2号大阪方面行き";
Entry = "56/つるぎ号新潟行き";
Entry = "57/つるぎ号大阪方面行き";
Entry = "58/あけぼの号青森行き";
Entry = "59/あけぼの号上野行き";
Entry = "60/はくつる3号青森行き";
Entry = "61/はくつる4号上野行き";
Entry = "62/はくつる5号青森行き";
Entry = "63/はくつる2号上野行き";
Entry = "64/みちのく3号青森行き";
Entry = "65/みちのく2号上野行き";
Entry = "66/出羽号秋田行き";
Entry = "67/出羽号上野行き";
Entry = "68/北陸号金沢行き";
Entry = "69/北陸号上野行き";
Entry = "70/北斗星1号札幌行き";
Entry = "71/北斗星4号上野行き";
Entry = "72/北斗星3号札幌行き";
Entry = "73/北斗星2号上野行き";
Entry = "74/★北星号稚内行き";
Entry = "75/★北星号上野行き";
Entry = "76/★ゆうづる号釧路行き";
Entry = "77/★ゆうづる号上野行き";

これは、明らかに多すぎるという指摘が社内会議の中で相次いでいたのですが、具体的な内容がまとまってきました。

結果的には、このスイッチ数を約半分に削減します。と言いましても39個ありますが、操作方法が簡単なので大丈夫です。

続いて、2点目に移ります。
イギリス車両の改良工事です。こちらは難工事です。全車両を自動ドア化及び、電子版方向幕サボを装備すると言う事も行う予定です。
現在、メタセコイアでドア部分と本体の分離工事を行っております。

この話は、画像が入り次第、お伝えする予定です。

また、先程の話に就きましては運用されておりますお客様に大変なご迷惑をおかけいたしました。
この場を借りまして、お詫びを申し上げます。申し訳ございませんでした。

以上で終わります。