新731系の開発(11)

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、引き続きですが、新731系(新203系気動車)の改装工事について、お話します。

結果的にですが、釧路運転所所属車両と札幌運転所所属車両の幕の張り替えが終わり、最後の砦となる苗穂運転所所属車の出番となります。

結果的に、旭川運転所と釧路運転所で運用を分けるS特快列車が出てきました。
それは、「池北」と言う列車名です。

行程は、旧ぎんが高原鉄道の中を通るために、この名前になっております。その運転区間は、帯広と池田、足寄から北見、網走を抜ける列車です。

この列車の内、足寄から北見、網走の区間を旭川運転所所属車両が、帯広と池田から北見、網走の区間を釧路運転所所属車両が担当しております。

と言う事で、以上です。