北へ南へ 2

本日の話題は、「鉄タビ」の北へ南への2回目です。

石橋駅に到着した私と、スイル氏は、箕面線に乗車するために、石橋駅の3号線(3番線)に足を向けました。
阪急3000系の3030編成がその場で待っておりました。
イメージ 1
実は、宝塚線の形式番号は3100系ですが、この形で行くと、宝塚線で使用されている3100系ではなく、神戸線で使用されている3000系の方が正しいと言う事になります。
さて、箕面にはこの列車で、往復する事に。
イメージ 2
縦目に写し、一路箕面を目指します。
運転士室を撮影すると、懐かしい2ハンドルのハンドルが備えられており、
イメージ 3
レトロ感の漂う室内となっておりました。
その中で、箕面駅に到着後折り返し石橋駅に向かう事に。その分数は20分しかかからないというものでした。
イメージ 4
ここから、石橋駅経由で、梅田駅に戻ります。
イメージ 5
そんな中、梅田行き急行は3000系3066を先頭とする3017編成に乗車し、一路梅田を目指し、
イメージ 6
梅田に戻って、そこから、JTBの大阪ステーション支店にさっそく向かい、京阪旧3000系こと8030系の引退ツアーの追加料金を支払って、日本橋に向かう事にしました。

と言う事で、此処で、次回に3に移ります。以上です。