編成テンプレートのグループに関してですが。

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」についてです。

今回の列車の編成をどうするのかですが、皆様の自由に任せようと考えております。

列車名は、次の6から7点を編成の例として提示しておきます。

1.アルバレート(ミストラル69編成:パリ―チューリッヒ)
1等車5両(Atu8)+1等コンパートメント(Au8)+食堂車1両+2等車4両(Bu9【2両】・Btu9【2両】)
2.エトワール・デュ・ノール、オワゾ・ブルー(ミストラル69編成+T2寝台:パリ―ベルリン{オワゾ・ブルー}/モスクワ{エトワール・デュ・ノール}*寝台特急)
1等荷物合造車両1両(D8)+1等コンパートメント2両(Au8)+2等コンパートメント5両(Bu9){クラシェット編成}+食堂車+T2寝台4両(T2)
3.プリンツ・オイゲン(ドイツインターシティ客車:ブレーメン―ウィーン)
2等開放座席車4両(Bpmz291-ic)+2等コンパートメント2両(Bpmz235-ic)+食堂車(WRmh131a-ic)+1等コンパートメント(Avmz121-ic)+1等開放座席車2両(Avmz123-ic)
4.ヘルヴェティア(ドイツインターシティ客車:ブレーメン―チューリッヒ)
1等コンパートメント(Avmz121-ic)+1等開放座席車2両(Avmz123-ic)+食堂車(WRmh131a-ic)+2等開放座席車5両(Bpmz291-ic)+2等コンパートメント3両(Bpmz235-ic)
5.モン・スニ(イタリア・グランド・コンフォート:リヨン―ナポリ)
1等車3両(Atu)+1等コンパートメント2両(Au)+食堂車1両+2等車6両(Bu【3両】・Btu【3両】)
6.メディオラヌム(イタリアグランドコンフォート+T2寝台:ローマ―ベルリン*寝台特急)
荷物・電源(D:1969年国際車)+1等コンパートメント3両(Au)+2等コンパートメント3両(Bu)【クラシェット】+食堂車(Ver)+T2S寝台4両(T2S)
7.ヴァン・ベートーヴェン(ドイツインターシティ客車+イタリアグランドコンフォート+T2寝台車:アムステルダム―ベネチア*寝台特急)
1等コンパートメント3両(Au)+2等コンパートメント3両(Bu)【クラシェット】+1等コンパートメント2両(Avmz121-ic)+2等コンパートメント3両(Bpmz235-ic)+食堂車(WRmh131a-ic)+T2S寝台4両(T2S)

となります。

あくまで参考としますので、その点はご了承ください。また、増補版では、これをもとに編成を作成する予定です。

と言う事で、以上です。公開には、少々時間がかかりますが、少しお待ちいただきください。