阪堺の新型車両を撮影しに行きました。

本日の話題は、「鉄タビ」から、阪堺1000形の撮影についてです。

実は、昨月の14日に阪堺に新たな車両が入ってきたという話があり、それで撮影に向かいました。
日は2月20日、私は、泉大津駅から、難波行き普通に乗り込み、浜寺公園駅まで、
イメージ 1
7199系7133編成にて10分。浜寺公園駅に到着。
イメージ 2
そこから、我孫子道電停まで行く事になります。
浜寺公園駅前電停から、我孫子道電停まで約40分をかけて向かい、
イメージ 3
我孫子道電停の近くにある住ノ江駅付近の公園で弁当を食べ、さっそく狙う事にしました…。しかし、寝ても覚めても新型車両は現れない…。
そして、午後1時を回って、
イメージ 4
現れたのは、緑色と銀色の車両です。
イメージ 5
おそらく、この車両が1000型です。よく見ると、1001A+1001C+1001Bの順番となっております。
続いて、これの動画をお見せします。
これ以外に、
イメージ 6
を撮影した後、1001型は、浜寺公園駅前電停に向かいました。
イメージ 7
イメージ 8
近くに、地元の住人の方々から、この付近に関しての問題をお話されたり、情報をもらったりして、次の恵美須町にもう1両があるのではないかと見当をつけ、さっそく見に行ってみました。
ところが…、その車両はなく、結果的に浜寺公園駅前電停まで戻り、結果的に帰る事になりました。

と言う事で、現在、この1000型は9月から営業運転に入るとのことだそうです。なお、俗称は「堺トラム」と言う名前ですが、この車両の色から、「茶道車両」なんて言う言葉が思い浮かぶのは、私だけかもしれません。

それでは、以上で阪堺電気軌道1000型の撮影に関してのレポートを終了します。

と言う事で、以上です。