志摩風と長谷寺へ 1―プロローグ

本日の話題は2本立てです。続いても「鉄タビ」から臨時便で近鉄編をお贈りします。

今まで、京阪を撮影してきたのですが、旧3000系の話題は、明週の末と明後週の末の4日を残すのみで、終わりそうだと言う事なのだそうです。しかも8両編成のダブルデッカーを外し7両編成で運転すると言う話もあるとか…。

何か関係ない話をしているように見えますが、「ダブルデッカー」のつながりで言いますと、ある私鉄の新型車両に「ダブルデッカー」が搭載されていると言う話があり、それが21日(明週木曜日)に運転を開始と言う話があった事を思い出して、すぐに難波駅を目指しました。
イメージ 1
いつもの通り、南海難波駅行き準急で難波駅に降り立ち、その足で鶴橋駅に向かいました。
なぜ鶴橋か…、と言いますと、鉄道ファンの方はお分かりかもしれません。実は近鉄線の大阪方面のターミナルは3駅に分散しているからです。
初心者の方には、分かりづらいのですが、大阪の「ミナミ」の中心部にある大阪難波駅と、近鉄の本拠地と言える大阪上本町駅(上本町六丁目)、そして、天王寺に近い阿倍野橋駅がそれに当たります。
その為に、鶴橋駅まで奈良駅行きの区間準急で、鶴橋駅に向かったと言う事になります。
さて、鶴橋駅に到着すると、近鉄の鉄道グッズ販売店で、近鉄の奈良線シール(前回間違えて、大阪線シールを2枚ほど買ってしまったと言う事で…)を購入して、ホームに。
イメージ 8
丁度、三宮始発奈良行きの快速急行(阪神車)が発車する場面に遭遇。そのあと、昨年11月以来4カ月ぶりのこの場所に降り立ちました。
詳しくは、

近鉄鉄道祭りのレポート 1-13

でご覧ください。

さて、この場所を目指して進むと、先客があったようで、私に気づいて、挨拶をしてくださったのですが、
イメージ 9
イメージ 2
実は、堺市にある南海線の白鷺駅からこの場所に来ていたと言うそうです。そこで、私のブログの宣伝をしてみると、一度訪れた事があるのかもしれないと語ってくださいました。

その二人で、撮影を開始。
イメージ 3
今回から、登場している宇治山田駅行きの特急です。実際に、時刻表では、大阪の上本町駅を出ると、鶴橋駅、大和八木駅、名張駅、榊原温泉口駅、伊勢中川駅、松坂駅、伊勢市駅と言う順番に停車して、宇治山田駅には午後1時ごろに到着すると言うダイヤになっております(注:3月17日改正では、春休み期間中とゴールデンウィーク、夏休みお盆などは鳥羽駅まで延長運転)。
イメージ 4
1026系1027編成+9020系の大阪難波行き急行です。
イメージ 5
21000系です名古屋始発大阪難波駅行き特急(甲特急)です。
イメージ 6
3200系3204編成大阪難波行き普通ですが、「難波」としか幕には表示されておりません。
お次は、
イメージ 7
再び阪神から1000系1001編成+1500編成×2の、三宮駅行き快速急行快速急行)です。

と言う事で、此処で「2」に移ります。それでは…。次回をお楽しみに…。

以上です。