志摩風と長谷寺へ 5―長谷寺を目指して。その1

本日の話題は、2本立てで「鉄タビ」の近鉄臨時便から始めます。

さて、午後12時半に鶴橋駅を出た急行で桜井駅に向かった私は、近鉄最初のインバーター制御車両でゆられ、1時間をかけ、長谷寺駅に向かいました。
イメージ 1
さて、こちらは、八尾駅手前で撮影した2800系(おそらく2810編成)と2410系(編成は分かりませんでしたが)併結の大阪上本町駅行き急行です。続いては、
イメージ 2
2430系のトップ(?)編成と言えるのか、2410系の最終編成なのか定義が難しいですが、大阪上本町駅行き区間準急と22000系の回送列車です。
イメージ 3
高安車庫(昨年の近鉄鉄道祭りの第1会場です)を抜けて、恩智駅付近で、
イメージ 4
大阪難波駅行きの特急(甲特急)と遭遇。河内国分駅に停車した後、大阪府に別れを告げて、奈良県へ。
イメージ 5
1422系1424編成を先頭にした大阪上本町駅行き区間準急、おそらく、後ろはパンタグラフの数と形から、1620系と推定。大和高田駅を出て大和八木駅に向かう中で、
イメージ 6
12410系か12600系の大阪難波駅行き特急が走り去りました。
大和八木駅に停車、その停車中に、
イメージ 7
2410系2420編成と2800系か2610系で構成された大阪上本町駅行き区間準急が、到着。そして桜井駅に無事到着し、
イメージ 8
桜井駅まで無事送り届けてくれたランナーに、別れを告げ、乗り継ぎ列車を待つ事になりました。ちなみに、そこにぶら下がっていた編成は、
イメージ 9
2430系2432編成でした。
そして、午後1時半前に、桜井駅を出る列車を待つ事になったのですが…。それは「6」にて詳しく話します。

それでは、以上です。