志摩風と長谷寺へ 6―長谷寺を目指して。その2

さて、本日の話題は、「鉄タビ」から臨時便をお伝えします。現在、長谷寺駅へ向かっているのですが、桜井駅で乗り換え中です。

実は、午後1時15分に桜井駅を出た名張駅行き急行を見送って、榛原駅行きの区間準急が来るのに、13分ほどかかるので、待ってみました。
イメージ 1
2800系2806編成と2410系2421編成の大阪上本町駅行き区間準急です。
それに、通過列車もあるために、列車が到着しないと、長閑な駅です。実は、この駅は、約10年前に高校生のいざこざで、友人を殺めてしまうと言う事件が発生したのです。実は、そのホームにいたのですが、その時の状況を想像する事ができませんでした。
さて、ホームで待っていると、通過列車が…。
イメージ 2
30000系の鳥羽駅行き特急です。
イメージ 8
後ろ姿も、って…。この車両はどこかで…。「4」で撮影した…、
イメージ 9
この車両の事です。営業運転で大阪上本町駅始発の鳥羽駅行きです。
そのあと、
イメージ 10
2410系2413編成と2800系か2610系、5200系の大阪上本町駅行き急行ですが、
この後で、
イメージ 11
お待ちかねの第3ランナー(久しぶりに使いますが)の1620系1625編成、榛原駅行き区間準急です。
そして、此処から長谷寺駅を目指します。実は、この列車は各駅停車と同じ扱いで、大和朝倉駅で、特急(甲特急)の通過を待つと言うダイヤが、組まれております。その為に、数分間の待ち時間が出来ると言うのです。
午後1時半に出た区間準急は、約4分で、大和朝倉駅に到着し、待機。
イメージ 3
21000系アーバンライナープラスの名古屋駅行き特急(甲特急)です。
イメージ 4
この列車が通過後、長谷寺駅に向かっていきます。
イメージ 5
長谷寺駅には、午後1時38分に到着。
イメージ 6
長谷寺駅で、榛原駅行き区間準急を、見送ると…。
長谷寺駅から、長谷寺に向かって歩きだしました。そこで、一人の女性が同じ場所を目指していたのです。そこで、距離を教えた事がきっかけで、同じ場所に向かいました。
聞いてみると、関東の神奈川県からわざわざ旅行で来たと言うのです。それで、千葉県から単身で、大学に通っているそうです。しかも奈良と京都を旅行しているのだそうです。
それに、千葉県で思い出したのが、東日本大震災で津波の被害に千葉県の外房地域(銚子、安房鴨川等が対象となります)が津波にあったと言うのだそうです。
イメージ 7
長谷寺は、伊勢方面の街道の途中にある地域にあります。それには、三輪地域の奥座敷と言える場所ですが、もう一つの名所として、「牡丹の寺」と言う名称があります。
「牡丹の寺」と言うのは、牡丹の花がたくさん植えられていると言う事で、有名だからです。
ところで、その他の話については、「7」でお話をします。
それでは、以上です。