女人高野を目指して―室生寺への旅 3―

本日の話題は、「鉄タビ」から、女人高野の室生寺を目指しての記事です。

イメージ 1
さて、11時ごろに室生口大野駅に到着した私は、室生口大野駅から室生寺に向かおうと考え、駅前のロータリーに降りてみました。
イメージ 2
その前に、前の回で、2410系の編成だけしか撮っていないと誤解された方の為に、後ろにくっついていた編成の画像を載せておきます。

気を取り直して、そのバス乗り場に向かったのですが…。
イメージ 4
バス料金が、片道420円。往復で840円がすっ飛ぶ計算。奈良交通も、長閑な室生寺の地域は、儲からないとみているのでしょうか…。
それはさておき、室生寺までは10分の道のり、バスに乗車されているお客様は、ゴールデンウィークで名古屋からこられた方のほか、大阪から来られた方などがいるみたいです。
イメージ 5
そのバス停から、数分ほど歩き、室生寺に向かうのですが、山間の小さな町を散策してみるのも良かったのかなと、後悔してしまうほど、長閑な町並みでした。
それでは、それらの画像を数点ほど掲載します。
イメージ 6
イメージ 7
まるで、山間の温泉町に来たという感じがします(実際は違うのですが[汗])。
イメージ 8
自然なのか、人工なのか分からないのですが、美しい花壇。
イメージ 9
そして、此処がまさに女人高野らしいのか、仏像などの彫刻が、それに手前には木鐸が置かれておりました(おそらく商品だと思います)。
イメージ 3
そして、室生寺の玄関口にある太鼓橋へ、此処から女人高野こと室生寺の中に入っていきます。

それでは、本日はここまで、その次は「4」となります。

と言う事で、以上です。