女人高野を目指して―室生寺への旅 8―

本日の話題は、「鉄タビ」で室生寺への旅です。実は、後半戦に入っております。

それではさっそく始めましょう。
イメージ 1
午後2時15分に大和八木駅に到着した私は、さっそく撮影に入りました。これは、その最初の画像です。12410系大阪難波駅行き特急(乙特急)です。
続いては、
イメージ 3
12200系鳥羽駅行き特急です。実は、この編成の後ろにご注目。
イメージ 4
実は、この編成はパンタグラフが中間電動車と、制御電動車で異なるのです。制御電動車が交差式のPT48型と呼ばれるパンタグラフに対し、中間電動車はPT42型となるのです。
実は、このパターンがあると言う事は…、逆転したパターンが存在していると言う事も意味します。それがこちらに当たります。
イメージ 5
現在15200系と名乗っているこの編成が、真逆のパターンで、中間電動車がPT48型パンタグラフ、制御電動車がPT42型パンタグラフです。
これは、5月12日に撮影したものです編成名を覚えておきたかったのですが、情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、コメント欄にご記入ください。
さて、本編に戻りましょう。
イメージ 6
イメージ 7
2410系2429編成と2430系2442編成の大阪上本町駅行き急行です。
その次に、
イメージ 8
2610系2618編成大阪上本町駅行き区間準急が到着。実は、大和八木駅のダイヤは、大阪上本町駅行き急行が待避線ホームである1番線(下り列車)か、4番線(上り列車)に到着し、特急(大阪難波駅行きか、大阪上本町駅行き{鳥羽ないし、宇治山田駅始発便対象}、またはその逆パターン)が到着し、出発するのを待つという体制が取られております。
この後で、準急及び、区間準急が到着するというのが一般的ですが、実は特急どうしがホームに並列して到着すると言うパターンもあり、急行も本数が多いためか、このパターンにはまらない列車もあります。
では、さっそく見てみましょう。
イメージ 9
こちらは、2410系2425編成と9200系9202編成青山町駅行き急行です。下り線の1番乗り場に到着します。
さて、何を待っているのかと言うと…。
イメージ 10
イメージ 2
21000系の名古屋駅行き特急(甲特急)です。実は、これは通過列車で、このまま通り過ぎます。
そして、通過列車が前方にいなくなったことを確認してから、青山町駅行き急行は出発するという事になります。

さて、そろそろ、画像容量が足りなくなってきました。本日はここまで、続いて「9」も大和八木駅での撮影の記事となります。いつまでいるのか…と思われるかもしれませんが、お楽しみに…。