レトロさ爆発!? 阪急宝塚線全線走破と、能勢電レトロ車を撮る! 13

本日の話題は「鉄タビ」から13回目に突入した阪急宝塚線全線走破と、能勢電レトロ車の撮影の旅です。

前回は、もうひとつの「あおぞら」号を待ちかまえていたところまで来たのですが、
イメージ 1
まだ現れない中、3220系3221編成大阪難波駅行き準急が鶴橋駅に到着。夕日に太陽光が反射して、種別幕が見えないと言う状況でした。
―まぶしい!―(3220系3221編成大阪難波駅行き準急
その直後に、
イメージ 4
爽やかな風をまるで包むかのように、「あおぞら」がやってきました。
イメージ 5
と、思ったら足早に通り過ぎました。
―ごめん! ちと、急いでるんや…。―(15200系PN02編成)
その隣には、例の3220系の姿が、
―御忙しいですね。―(3220系3221編成大阪難波駅行き準急
という事で、両列車が去っていきましたが、撮影隊は撤収しません。最後の大物…「しまかぜ」を狙うためです。
イメージ 6
その前に、下り列車では2610系2617編成を先頭とする青山町駅行き快速急行(元は区間快急)が到着。そのまま待つ事、3分後。
イメージ 7
大阪線に現れたのは、今話題の「しまかぜ」君こと50000系50002編成大阪難波駅行き特急「しまかぜ」です。
イメージ 8
この姿が、一番美しく且つ迫力が出るでしょうか、夕日に照らされてりりしい顔をしております。
―そう言われると、照れますわ~。―
イメージ 9
そして、後を追いかける撮影隊が相次ぎ…ではなく、撤収する方々が多く…。
イメージ 10
静かになりました。
今の画像は、5200系5201編成を先頭とした大阪上本町駅行き急行
イメージ 2
上り列車は、22000系の大阪難波駅行き特急…んっ、奈良発の列車ですね。
下りは、
イメージ 3
なんと、「あおぞら」の回送でした。
という事で、少し、話をそらして…。

併結列車談義について、御話ししましょう。
イメージ 2
―そうそう、そう言えば先輩、うちらのところでも、JRに乗り入れて、南海難波駅始発の高野山娯楽橋駅行きと奈良の五条駅行き直通快急なんてどうでしょう?―(南海6200系6503編成)
イメージ 5
―あほくさい事言うな! ただでさえライバルのあいつらに、恩を売る気かよ(怒)―(南海7100系7181編成)
イメージ 9
―まあまあ、そう言わんと、事実、線路幅は一緒ですし。と言うなら、南海難波駅と泉北高速鉄道の和泉中央駅を結ぶ準急に、北野田駅始発の準急をくっつけたらどうですか?―(阪急7300系7320編成)
イメージ 2
―そんなアイディアも…、あなたは?―
イメージ 9
―申し遅れました。阪急京都線で活躍しております。7300系と申します。先程のアイディアどうでしょう?―
イメージ 2
―そう言われてもなぁ、線路容量で負担がかかるかも…(^_^;―
イメージ 10
―そう言われるのでしたら、本線の区間急行が現在みさき公園までと聞いておりますが、それをみさき公園の先の和歌山市までと、多奈川線に直通する列車に分けたらいかがでしょうか、友ヶ島に近い地域直通列車を走らせるとしたら、いいかもしれませんよ。―(阪急7000系7007編成)
イメージ 5
―どうも、阪急7000系どの、確かに、多奈川線の急行を一時期担当した事があります。白線急行ってご存知だと思いますが…。―
イメージ 10
―確かに、覚えております。―
イメージ 5
―白線急行は、フェリー航路需要に応じて設定されていたのですし、今はローカル路線にはたして、需要があるかどうかが問題ですよ。―
イメージ 10
―となるとどういった事があげられます?―
イメージ 9
―現実的に考えると、泉佐野駅で分割併結を行う列車ができれば、なんとかなりますよ。―(近鉄5820系5823編成)
イメージ 10
―?―
イメージ 5
―なるほど…、JRの紀州路快速と、関空快速のような運用をするといいのでは? と言いたいのだね21君―
イメージ 9
―問題は種別表示のやり方にあると思います。―
イメージ 5
―確かに、私の走る南海本線と空港線は、空港急行と区間急行が同列の扱いを受けているからね。―
イメージ 11
―確か、春木駅停車と通過によって違うのでしたっけ?―(阪急6000系6015編成)
イメージ 5
―泉佐野駅以南の停車駅よっても変わる。―
イメージ 2
―確かに、高野線の場合も同じですね。北野田駅以南各駅停車が区間急行の役目です。し―
イメージ 9
―しかし、そうだとすると、阪急神戸線のように、主要駅停車タイプを快急とし、ある程度の駅で停車していくタイプを急行とするというのはどうでしょうか?―
イメージ 5
―それが、できないのよ…(T_T) 種別が異なる場合は1列車とはみなされないからなんだ。―
イメージ 9
―実は、私たちの場合も、急行で使っている例は少ないのが現状です。東京の場合は京急(京浜急行)さんが、浦賀駅と三崎口からくる列車を併結すると言う話は聞いた事があります。それに、大量輸送を行うだけでなく、いかに効率よく路線容量を確保するのかという問題が頭をもたげます。ただ、上層部が、知識を振り絞ってみるのもいいのではと思いますよ。たとえば、関西空港駅とみさき公園駅に向かう列車があるとしたら、南海難波駅から泉佐野駅まではどちらの方向とも、空港急行に統一する事として、泉佐野駅で分割した場合は、関西空港駅行きを空港急行に、みさき公園駅行きを区間急行に表示を変えたらいいかもしれません。―
イメージ 5
―! そのアイディア…って、それでは、関西空港駅行きと勘違いして乗った場合の対応が徹底していないとだめだと言う事になるぞ!―
イメージ 10
―そうですよ。どうするのです?―
イメージ 9
―確か、空港急行に泉佐野駅止と言う幕はありましたか?―
イメージ 5
―まさか!?―
イメージ 10
―関西空港駅行きの付属編成で…。それでは、案内となると空港急行関西空港駅行きと書いて、4両は泉佐野駅まで、と表記するのですか?―
イメージ 5
―私の場合は、その表記はないけれど…、実はそれに対応する車両はある。二つ挙げておくけれど。―
イメージ 9
―2車両ですか?―
イメージ 5
―そう。この二人だよ。―
イメージ 2
―どうも―(南海1000系1001編成)
イメージ 2
―こんばんわ―(南海8000系8005編成)
イメージ 9
―確かに、この2形式だったら、大丈夫かも…。高野線では、4両編成×2としたら、4両を和泉中央駅行きとし、4両を河内長野駅行きか、三日市町駅にするという方法もありかも…。それから、本線・空港線だったら、関西空港駅行きを6両編と4両編成をみさき公園という手もありですね。―
イメージ 5
―しかし、そもそも、南海本線は10両編成に対応していないから、無理なんだ…。―

という事で、それでは、「14」に向かいます。